ちょっと贅沢な理想のマイホームを購入するには

2018年5月27日 By admin

長く住む家だからこだわる

一家の主にとって夢、または目標となってくるのがマイホームの購入でしょう。マイホームを購入するには多額の現金が必要になるため、夢や目標がマイホームであれば、コツコツと頭金を貯めている人は多いです。頭金をできるだけ多く蓄えることができれば、借入額も少なくなるため、普段の生活も楽になるでしょう。いずれにしてもどんなタイプの家を購入する場合も、一生に一度のとても大きな買い物となるため、こだわる部分はこだわり、理想通りの家を建てるのがおすすめです。理想通りの家を現実にするには注文住宅購入に限ります。どんなに立派な建売の一戸建て住宅でも、その家族の希望内容を反映させた家づくりはされていません。あくまで一般的な家、平均的な家づくりですから、こだわりがあるなら注文住宅になるでしょう。注文で家を建てておけば、間取りもその家族の理想通り、または理想に近いものが完成します。

建売と注文の違いはここにある

一般的に建売一戸建てとして売りに出されている家は、30坪程度の敷地面積に3LDKや4LDKで上物が建っています。リビングダイニングの広さは畳でいうと10帖から広くても15帖ぐらいでしょう。そして、各部屋は広くても6帖となっていて、建坪によっては4.5帖ぐらいの部屋もあります。無理やり3LDKや4LDKを作り、部屋を確保しているような家は多いです。本来であれば、理想は全ての部屋が6帖以上あり、さらにリビングダイニングも15帖以上を希望する人は多いでしょう。しかし、建売ではなかなかそこまで立派な家を見つけることは難しいです。ですから、土地の購入からスタートして理想の間取り設定ができる注文住宅がおすすめです。

都内の中でも足立区の注文住宅は土地相場価格がその他の地域に比べると安めなのでおすすめの地域と言えます。